タービン(歯削る機器)、滅菌せず再使用7割の歯科医院!!

2014年5月18日の読売新聞によると、歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究班の調査でわかったそうです。

当院では、開業当初より、滅菌器を導入し、付着した汚れや血液を確実にクリーニングし滅菌しておりますので安心して治療を受けていただけます。

当院の院内感染対策

歯科治療では出血を伴うことがあります。
その際、使用した器具には血液が付着しますので、使用後の滅菌を徹底しないと、汚染された器具を他の患者さんに使用することになってしまい、院内感染を引き起こしてしまうかもしれません。
当院では、口に入れるものはすべて滅菌し、院内感染対策を徹底予防しています。
患者さんの目には見えないところでもこのような機械を導入し、徹底した衛生管理を心がけています。

「超音波洗浄機」

超音波の振動により汚れを取り除きます。
患者さんに使用された歯科器具・器材には「目に見える汚れ」と「目に見えない汚れ」が付着しています。
オートクレーブなどで完全に消毒・滅菌処置を行なう前にこれらの「汚れ」(血液・粘液・組織・その他)を完全に除去しなければなりません。
「汚れ」が完全に除去されず残存したまま消毒・滅菌をされても消毒不良・滅菌不良の可能性があり“二次感染”の恐れがあります。
超音波洗浄機

「care3 plus」

タービン(歯を治療する器具)の中まで1本1本オイル洗浄しています。
オイルと空気を同時に送ることで、目に見えない菌や削りカスを完全に洗い流すことができる機械です。
care3 plus

「EX claveⅡ」

小型のオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)です。
オートクレーブにより全ての細菌、ウィルスを死滅させ滅菌しております。
EX claveⅡ

「パナオート21E」

大型のオートクレーブです。
パナオート21E

「滅菌パック」

滅菌された物は個別に包装され使用する時に開封します。
滅菌パック

「使い捨て」

グローブ、コップは、患者さん毎に取り替え、使い捨てにしています。
使い捨て