精密拡大治療


拡大鏡(テレスコープ)を使って治療することを「精密拡大治療」と呼んでいます。

拡大鏡を使って大きくして見ることで、裸眼では見えない細かいところまでしっかり見ることができます。
よく見ることは、あなたの歯を「しっかり治す」「生涯守っていく」ことに常に全力で取り組んでいる証(あかし)です!
(診療内容によっては使用しない場合があります)

裸眼と拡大治療では、こんなに違う!

裸眼では、特に問題がないように見えますが、拡大して見ると、歯石の取り残しがあることがわかります。これらは放っておくとむし歯や歯周病の原因になってしまいます。

裸眼 拡大治療

拡大治療の3つのメリット!

1.削る量が最小限
拡大治療では、むし歯の部分と健康な部分の境目をはっきり見分けられます。これにより、削る量を最小限におさえ、健康な部分を最大限に残すことができます。

拡大鏡(テレスコープ)治療2.ベストな治療計画
裸眼で読み取れる情報には限界があります。歯を支える骨の状態を見誤ったり、小さなむし歯を見逃したり、噛み合わせの問題に気づかなかったり……。それに対して拡大治療では、「ミクロレベル」の情報を得ることができます。だから正確な診断ができ、それにもとづいたベストな治療計画を作ることができるのです。

3.一生美しい白い歯
拡大治療では、口の中の小さな異変も見逃しません。わずかな変化に気づくことで、むし歯や歯周病を未然に防ぐことができます。治療した所の美しさを長く保ちながら、健康な歯を一生維持することができます。治療や再治療がなければ、もちろん経済的なメリットにもなります。